トップへ » 当院の6つの特徴 » 痛みの少ない治療 » 矯正用バンドの使用を最小限に

矯正用バンドの使用を最小限に

痛みの少ない治療
矯正治療では、一般的には金属製のベルト状の装置(矯正用バンド)を奥歯に装着する方法がとられています。このバンドは歯と広い面積で接触しますので壊れづらいというメリットがある一方、粘膜を刺激し痛みや不快感を引き起こしたり、汚れが溜まる場所ができてしまうといったデメリットがあります。

そこで、当院では必要のない場合は矯正用バンドを使わず、「ボンド」と呼ばれ る特殊な接着材を用いて、装置を直接歯に接着して固定しています。

「矯正用バンド」によるデメリットを解消し、虫歯のリスクを軽減できると考えています。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 痛みの少ない治療 » 矯正用バンドの使用を最小限に


コールバック予約