2009年 « トップへ » 2012年

2010年4月 9日

治療中の痛みはどの程度ですか?

痛みが全くないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着しますと、歯の凸凹を治そうと持続的に歯に力がかかります。

歯が動くときには、骨の中の歯根周囲で炎症反応が生じ、それが痛みの原因となっています。そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、食べ物を噛むときに鈍い痛みを覚えることがあります。

この痛みは数日続くことがありますが、1週間程で消失します。当院では治療初期には極めて弱い力で歯を動かしますので、炎症の度合いが少なく、あまり痛みを感じることはないでしょう。

痛みの感じ方には個人差がありますが、実際に当院に通院中の方の中には、「全く痛くないです。」と言われる患者さんもいらっしゃいます。


>>初診予約へ

矯正歯科の治療期間と通院間隔はどれくらいですか?

治療の難易度、歯の動き方の個人差にもよりますが、通常の治療方法で平均1年半~3年が一般的な治療期間です。通院ペースは1ヶ月に1回が平均的です。

>>初診予約へ

矯正歯科治療では抜歯が必要だと聞いたのですが......

治療上必要があれば抜くことがあります。

可能な限り歯を抜かずに治療をすることは、矯正医師も患者さんも気持は同じです。あごを横に広げたり、歯を後ろに動かしたり、歯の幅を狭くすることで隙間を作ることができる場合は、歯は抜く必要がありません。

しかし、隙間を作れない場合や、前に出ている口元を改善したい方は、抜歯が必要な場合もあります。

>>初診予約へ

矯正歯科の治療費も医療費控除の対象になりますか?

子供:認められます。
成人:日本矯正歯科学会認定医の診断書があれば認められます。

発育段階にある子供の歯列矯正の目的は、成長を阻害する可能性がある不正咬合の改善ですので、基本的に医療費控除の対象となります。

このように矯正治療の目的が身体的に歯列矯正が必要であった場合は、成人でも医療費控除の対象になります。同じ歯列矯正でも、見た目を美しくすることが目的の治療費は、医療費控除の対象になりません。

原則的には、予防と美容に関するものは認められないとされていますが、歯列矯正する大抵の人は歯並びが悪いため、咀しゃく障害や、噛み合わせの改善が必要です。

実際に、審美的改善が主か、咀しゃく障害の改善などが主かといった判断は矯正歯科の担当医が行いますので、日本矯正歯科学会認定医の診断書があれば10%認められるということです。

●医療費控除を受けるための条件は?
医療費控除は、1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を越えた場合の超過分に対して適用されます。ただし、年間所得が200万円未満の場合、所得×5%を基準として超過分に対して適用されます。

●歯の治療費を歯科ローン(クレジット)で支払うと得になる。
院内分割より得になり医療費控除のメリットが大きくなります。歯科ローンは、患者さんが支払うべき治療費を信販会社が立替払いをし、その立替分を患者さんが分割で信販会社に返済するものです。したがって、信販会社が立替払いをした金額は、患者さんの立替払いをした年の医療費控除の対象になります。

つまり、一括で治療費を支払ったときと同じ医療費控除の金額になりまするので、節税効果が大きくなります。

なお、歯科ローンを利用した場合には、患者さんの手元に歯科医師の領収書がないことが考えられますが、この場合は、医療費控除を受けるときの添付書類として歯科ローンの契約書の写しをご用意してください。ただし、金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりませんので、ご注意ください。

上の前歯の並びだけが気になるのですが、部分的な矯正はできますか?

はい。当院では部分矯正も行っております。

部分矯正といっても、問題がある歯のみに装置をつけて歯を動かすことはできません。全体の噛み合わせを考えて装置をつける箇所を判断する必要があるからです。どの程度装置をつける必要があるのかは、治療期間にも個人差があることをご了承ください。

>>初診予約へ

矯正歯科治療は何歳まで受けられますか?

矯正に年齢制限はありません。

歯槽膿漏のように歯がグラグラになっていない限り、何歳でも治療は可能です。ただし、悪い噛み合わせを何十年も放置していた結果、治療ができなくなる場合もございますので、できるだけ早く治療を開始することをおすすめいたします。

>>初診予約へ

虫歯があります。一緒に虫歯の治療はできますか?

一緒に治療をすることはできません。

まず、虫歯治療を行う必要がありますので、一般歯科医院をご紹介いたします。また、虫歯が見つかった場合、矯正装置をつける前に虫歯を治療する必要があります。

>>初診予約へ

2010年3月 6日

安心して通院していただくための料金設定

当院は、通院回数に関わらず、一連の矯正治療にかかるトータルフィーで料金をご提示させていただきます。

通院毎に治療費を支払ったり、装置の取り外しの度に追加料金が発生したり、別途調整費がかかったり...など、結果的に高額になってしまう料金体系は、患者さんにとってわかりづらく、不安を抱かせてしまう原因であると考えたからです。

また、患者さんがご予算を気にすることなく、最良の装置で治療を行っていただけるよう、全ての装置を同一料金にてご提供させていただきます。

治療に入る前までにかかる費用

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費
初診相談 初診相談 30分
初診ならびに矯正相談 口腔内を診査し、矯正相談をお受けいたします。
2,000円
初診時検査 初診時検査 90分
口腔模型、顔面規格写真、口腔内写真、レントゲンオルソパントモグラム、レントゲンセファログラム、身体測定などの項目が含まれます。
30,000円
(第1期治療は10,000円)
診断 診断料 30~45分
当院における1,500症例の治療例のデータを基に矯正歯科学会認定医による適確な診断が行われます。矯正歯科治療を受ける上で診断の適否が最も重要です。
診断次第で治療結果に大きな差がでますので、ご注意ください。
20,000円
(第1期治療は5,000円)

成人矯正の費用

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費
表側矯正 歯の表側からの矯正 最もよく使われている矯正装置です。
金属もしくは半透明の装置を選ぶことができます。
550,000~600,000円
裏側矯正 歯の裏側からの矯正 歯の裏側に矯正装置を装着します。 上下とも裏側からの舌側矯正
850,000~900,000円
上は裏側、下は表側からの矯正
750,000~780,000円
インプラント矯正 インプラント矯正 固定をインプラントに変えて、ヘッドギアを使用しない矯正ができます。 上記料金に追加 20,000円~
部分的な矯正 部分的な矯正 歯の一部のみ矯正を行います。 ご相談ください。
マウスピース矯正
(インビザライン)
マウスピース矯正(インビザライン) 薄い透明のマウスピース型の矯正装置を使用します。見た目からは矯正装置をつけていることがほとんどわかりません。 850,000~900,000円

お子さんの矯正費用

乳歯が残っている場合に行う矯正治療です。既に永久歯に生え変わっている場合は成人矯正になります。

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費
第1期治療 第1期治療 予防矯正、乳歯と永久歯が混じっている場合の矯正治療です。 150,000~280,000円
第2期治療 第2期治療費 第1期治療の後、永久歯の仕上げに行う矯正治療です。 上記成人治療費用から第1期治療費を引いた金額
ムーシールド ムーシールド 低年齢児の受け口治療に使用可能な矯正装置です。 80,000円

処置および調整料

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費
管理処置料 調節料 15~60分
月に一回程度の調整を行います。
5,000円 × 回数
※第1期治療:3,000円、裏側矯正:6,000円、インビザライン:3,000円
保定観察料 15~30分
矯正治療後、「後戻り」を防止するために3ヶ月~半年毎に来院し、観察します。
3,000円 × 回数

その他

項目 イメージ 内容 治療費
PMTC PMTC プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング
プロによる歯のクリーニング。歯ブラシで取れない歯石やコーヒー・ワイン・たばこのヤニ等の汚れを専用の機器で取り除きます。
担当医判断により処置
管理処置料に含まれる。

※上記料金は消費税の変動により、変更することがございます。

別途装置料について
患者さんの申し出による矯正再治療の場合や、装置紛失時などの際は別途装置代金がかかる場合がございます。


2009年 « トップへ » 2012年


コールバック予約