トップへ » 当院の6つの特徴 » 治療の期間・流れ

「機能美」を追求した、シッカリ噛める美しい歯に

「早く矯正装置を外したい。」
そう思いながら、矯正治療を受けている方も多いと思います。
治療の期間・流れ
長期間、装置を装着することは、誰にとっても煩わしいものです。だからといって、早く外してしまいますと、噛み合わせが合わなくなったり、動いた歯が後戻りしたりといったトラブルの原因にもなりかねません。しっかり噛める美しい歯を作るためにも、医師の指示に従い、きちんと装置を装着しましょう。

このページでは、当院の治療期間の考え方、治療の流れについてご紹介いたします。

完成度を重視した急がない矯正

治療の期間・流れ
当院の矯正治療は、完成度の高さを重視しております。ゆっくり歯を動かしていきますので、治療期間は2年~3年程かかります。

見た目の美しさと正しい噛み合わせへと導くためには、それ相応の時間が必要となります。形だけキレイに整っても、そこで治療を終えてしまいますと、バランスのよい噛み合わせにはなりません。また、せっかく動いた歯が後戻りしてしまうこともあります。

美しく、健康的な歯並びを作るためにも、ご理解いただければ幸いです。

治療の流れ

初診相談
初診相談初診相談では、治療の概要をご説明いたします。患者さんのお口の中の写真や顔の骨格などを見ながら治療方法、装置、期間、費用などをお話します(約30分)。
歯並びのお悩みや費用、期間についてなど、些細なご質問・疑問もお気軽に申し付けください。お帰りの際には、お口の中を写した写真や治療関係のパンフレットをお持ち帰りいただき、ご家族の方と充分にご検討ください。

1.問診
2.歯並び、噛み合わせ、顎関節などの診査
3.治療概要(内容、装置、期間、費用など)の説明
4.カウンセリング
next
精密検査
精密検査矯正治療ができる状態であるかどうか、精密検査をいたします。検査にはレントゲン撮影、診断に必要な歯型、顔・口の中の写真撮影、虫歯・歯周病チェック、唾液検査(カリエスリスク検査)などを行います。
next
<検査内容>
X線撮影、歯型取り、写真撮影、虫歯検査、咬合(こうごう)診査、顎関節診査、口腔周辺軟組織診査、唾液検査(カリエスリスク検査)など
next
診断結果・治療計画のご説明
診断結果・治療計画のご説明精密検査で得た診断結果を基に、治療方針や治療期間、使用する装置や費用のご説明をいたします。矯正治療についての注意事項をご説明し、ご納得いただいて、初めて治療がスタートします。
next
ブラッシング指導(治療の準備)
ブラッシング指導治療中の虫歯や歯周病を防ぐために、染め出しを使ってブラッシングの練習を行います。口腔内の状態によっては、必要に応じてPMTC(歯科衛生士による専門的な歯のクリーニング)を行い、口腔内の状態をキレイにします。
next
装置装着
装置装着いよいよ矯正装置を装着し、歯を動かす治療がスタートします。装着には時間がかかりますので、通常2日に分けて装着します。お時間にゆとりを持ってご来院ください。
next
調整
調整装置の装着後は、通常3~4週間に1度の割合で来院していただき、調整いたします。治療中は虫歯や歯周病になりやすいため、お口の中の状態を見ながら、必要に応じてブラッシング指導を行います。
next
保定治療
保定治療矯正装置を外しますと、後戻りを防ぐために保定(メンテナンス期間)に入ります。保定装置と呼ばれる装置を装着し、動いた歯をしっかり固定させます。この時期になりましたら、ご来院は数ヶ月に1回程度です。治療後の後戻りを防ぎ、全体が安定するまで経過をみていきます。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 治療の期間・流れ


コールバック予約